表示コントロール

提供: GizmoLabs
移動先: 案内検索

AutoLISP 表示コントロール関数は、次の通り。

関 数 説 明
(graphscr) CAD のグラフィックス スクリーンを表示する。
(grdraw from to color [highlight]) 現在のビューポートで 2 点間にベクトルを描画する。
(grtext [box text [highlight]]) ステータス バーまたはスクリーン メニュー領域に文字を書き込む。
(grvecs vlist [trans]) グラフィックス スクリーンに複数のベクトルを描く。
(menucmd string) メニュー コマンドを発行したり、メニュー項目のステータスの設定や取得を行う。
(menugroup groupname) メニュー グループがロードされていることを確認する。
(prin1 [expr [file-desc]]) コマンド ラインに式を表示したり、開いているファイルに式を書き出す。
(princ [expr [file-desc]]) コマンド ラインに式を表示したり、開いているファイルに式を書き出す。
(print [expr [file-desc]]) コマンド ラインに式を表示したり、開いているファイルに式を書き出す。
(prompt msg) スクリーンのコマンド ラインに文字列を表示する。
(redraw [ename [mode]]) 現在のビューポートまたは現在のビューポートで指定されたオブジェクト(図形)を再描画する。
(terpri) コマンド行に改行を出力する。
(textpage) グラフィックス スクリーンからテキスト スクリーンに切り替える。
(textscr) グラフィックス スクリーンからテキスト スクリーンに切り替える(CAD のスクリーン切り替えファンクション キーと同じ)。
(vports) 現在のビューポート設定に関するビューポート ディスクリプタのリストを返す。