Princ

提供: GizmoLabs
移動先: 案内検索
構文
(princ [expr [file-desc]])


機能
コマンド ラインに式を表示したり、開いているファイルに式を書き出す。
この関数は、expr 引数内の制御文字を拡張せずに、そのまま出力することを除けば、prin1 関数と同じ。
一般に、prin1 関数は load と互換性がある方法で式を出力するためのもので、princ 関数は read-line 関数などの関数を使用して読み込める方法で式を出力する。


引数
  • expr : 文字列または AutoLISP 式。 改行、指定した expr 引数、スペースの順に出力される。
  • file-desc : 書き出しモードまたは追加モードで開かれたファイル ディスクリプタ。


戻り値
評価した expr 引数の値。 引数を指定しないで呼び出すと、空のシンボルが返される。この特性から、LISP式の最後にprinc関数を呼び出して出力を抑える抑止終了に利用します。


サンプル
(princ)
; ← 空のシンボル
(princ "\nHello")
Hello"\nHello" ; ← 最初の Hello は princ 関数の出力、次の Hello は戻り値。
(princ "Hello\nWorld")
Hello
World"Hello\nWorld";← 最初の World は princ関数 の出力、次の Hello\nWorld は戻り値。
  • 制御文字については、prin1 関数を参照

関連事項