Grdraw

提供: GizmoLabs
移動先: 案内検索
構文
(grdraw from to color [highlight])


機能
現在のビューポートで 2 点間にベクトルを描画する。
引数
  • from : 現在の UCS で表した、ベクトルの一方の端点を指定する 2D または 3D 点(2 つまたは 3 つの実数のリスト)。AutoCAD は、画面に収まるようにベクトルをクリップする。
  • to : 現在の UCS で表した、ベクトルの他方の端点を指定する 2D または 3D 点(2 つまたは 3 つの実数のリスト)。AutoCAD は、画面に収まるようにベクトルをクリップする。
  • color : ベクトルの描画に使用する色を示す整数。-1 は XOR を表す。これは描かれる背景の補色。2 度同じものを描くと、描いたものが消去される。
  • highlight : 0(ゼロ)以外の整数を指定すると、ディスプレイ デバイスの既定のハイライト方法(通常は破線)を使用してベクトルが描かれる。highlight 引数を省略するか 0(ゼロ)を指定した場合、grdraw 関数は標準の表示モードを使用します。
戻り値
nil


サンプル
---

関連事項