Visual LISP

提供: GizmoLabs
移動先: 案内検索

Visual LISPは、AutoCAD(と一部の互換CAD)で使用可能なプログラミング言語。

AutoLISPに比べ以下の点が強化されている。

  • AutoCAD においては、Visual LISP は総合開発環境(IDE)が提供されている。
  • AutiveX オブジェクトやリアクターイベントへアクセスできる。
  • ソースコードのコンパイル対応。高速化&高度な暗号化(.fas、.vlx ファイルの生成)
  • OSのファイルやレジストリ操作系の関数追加。
  • LISP関数の拡張(CommonLisp的関数などが追加されている。)
  • でも &rest も &optional もないけど。
  • 互換CADでも結構使えるようになってきてる。>> AutoLISP#AutoLISP が使えるCADソフト

コンパイルの種類は以下のとおり。

  • .fas … LISPコードのコンパイル
  • .vlx … LISPやDCLなどファイルセットのコンパイル。


Visual LISP の関数は、接頭辞として "vl" が付けられている。 分類すると概ね以下のようになる。

  • 接頭辞 … 内容
  • vl- … 拡張されたLISP関数
  • vla- … ActiveX からのトランスポート関数
  • vlax- … ActiveX 関連の関数
  • vlr- … リアクタ関連の関数
  • memo : ActiveX 関連の関数は、Windows環境のみでサポートされている。



関連事項