オブジェクト処理

提供: GizmoLabs
移動先: 案内検索

AutoLISP のオブジェクト処理関数は、次の通り。

関 数 説 明
(acdimenableupdate nil | T) 自動調整寸法の自動更新をコントロールする。
(entdel ename) オブジェクト(図形)を削除、または削除したオブジェクトを復元する。
(entget ename [applist]) オブジェクト(図形)の定義データを取得する。
(entlast) 図面内の削除されていない最後の主オブジェクト(図形)の名前を返する。
(entmake [elist]) 図面内に新しい図形(グラフィカル オブジェクト)を作成する。
(entmakex [elist]) 新しいオブジェクトまたは図形を作成し、それにハンドルと図形名を与え(ただし、オーナーは割り当てない)、新しい図形名を返す。
(entmod elist) オブジェクト(図形)の定義データを修正する。
(entnext [ename]) 図面内の次のオブジェクト(図形)の名前を返する。
(entupd ename) オブジェクト(図形)のスクリーン イメージを更新する。
(handent handle) ハンドルに基づいて、オブジェクト(図形)名を返す。
(vlax-dump-object obj) オブジェクトのメソッドとプロパティを一覧表示する。*1
(vlax-erased-p obj) オブジェクトが削除されているかどうかを調べる。*1
(vlax-get-acad-object) 現在の AutoCAD セッションのトップ レベルの AutoCAD アプリケーションのオブジェクトを取得する。*1
(vlax-method-applicable-p obj method) オブジェクトが特定のメソッドをサポートしているかどうか調べる。*1
(vlax-object-released-p obj) オブジェクトが解放されているかどうかを調べる。*1
(vlax-read-enabled-p obj) オブジェクトを読み込めるかどうかを調べる。*1
(vlax-release-object obj) 図面オブジェクトを解放する。*1
(vlax-typeinfo-available-p obj) 指定されたタイプのオブジェクトにタイプ ライブラリ情報があるかどうかを調べる。*1
(vlax-write-enabled-p obj) AutoCAD の図形オブジェクトが修正可能かどうかを調べる。*1
*1… VLISP の拡張 AutoLISP 関数を使用するには、vl-load-com を呼び出す必要がある。