名前空間対話関数

提供: GizmoLabs
移動先: 案内検索

AutoLISP の名前空間対話関数は、次の通り。

関 数 説 明
(vl-bb-ref 'variable) ブラックボード名前空間から変数の値を返す。
(vl-bb-set 'variable value) ブラックボード名前空間の変数に値を設定する。
(vl-load-all "filename") すべての開かれているすべてのドキュメント、および現在の CAD セッションで今後開かれるすべてのドキュメントにファイルをロードする。
(vl-propagate 'variable) 変数の値を開いているすべてのドキュメントの名前空間にコピーする(及び、現在の CAD セッションで今後開かれるすべての図面にその値を設定する)。