BricsCAD における AutoLISPの仕様追加・変更履歴

提供: GizmoLabs
移動先: 案内検索

BricsCAD における AutoLISP の仕様追加・変更履歴 は以下の通り。

追える分だけ書いてってるので他にもあったら教えて下さい。

V21.n (V.1.4)

  1. BLADE が UTF-8/16でエンコードされたLispをより適切にサポートするようになった。ソースファイルのエンコーディングをBOM付きUTF-8/16で使用することが推奨されている。(エンコードなしのプレーンANSIも可)
  2. DEScoderv2.9 の搭載、「コード圧縮」に関する問題とデバッグのサポート。
  3. ジェネリックプロパティ関数が追加。
  4. (dumpAllProperties),(isPropertyValid),(isPropertyReadonly),(getPropertyValue),(setPropertyValue) が追加され互換性が向上。
  5. TinSurface関数が追加。(BricsCAD独自)
  6. SheetSetManager 関連関数が追加。

V20.n (V.1.3)

  1. 全体的な Lisp のパフォーマンス改善。特に大幅に深くネストされた+再帰関数のようなコンテキスト、VLRデータベース +オブジェクトリアクター;
  2. (vl-annotative-xxx) 注釈スケールを処理するための関数セットが追加 (BricsCAD独自)
  3. SecureLoad"、"LegacyCodeSearch"、"TrustedPaths" に関する挙動が明確に。
  4. VLA メソッドの追加 > ActiveProfile, CanonicalMediaName, CopyProfile, DeleteProfile, ExportProfile, ImportProfile, ObjectId32ToObjectIdString, QNewTemplateFile,

RenameProfile, ResetProfile, SendModelessOperationStart, SendModelessOperationEnded, TemplateDwgPath, GetBoundingBox

  1. DOSLib エミュレーション関数の追加 > dos_copy, dos_mkdir
  2. VLE 関数の追加 > vle-cadrassoc

V19.n (V.1.1, V.1.2)

  1. 19 - BLADE の大幅強化。IDEっぽさが高くなった。
  2. 19.2 - LISPプロファイラー が BLADE に統合された。
  3. 19.2 - DESCoder v2.8 に更新 > コマンドライン引数でスペースが含まれるファイル名またはフォルダー名の問題改善。


V18.n (V.1.0, V.1.1)

  1. 18.2 - LISPエディター&デバッガーの BLADE を搭載。
  2. 18.2 - BIM LISP(BricsCAD独自)で「部屋」に関連した関数を追加。
  3. 18.2 - VLX名前空間のサポート。DEScoder v2.7
  4. 18.2 - DOSLibエミュレーション関数の追加 > dos_command, dos_fileex


V17.n (V.0.9.9, V.1.0)

  1. 17.2.07 - BIM LISP 関数群が追加される。(BricsCAD独自)
  2. AutoLISP 関数の追加:(layerstate-restore), (layerstate-save), (layerstate-export), (layerstate-import), (layerstate-getlastrestored),(layerstate-importfromdb), (layerstate-removelayers)
  3. COM のメソッドの追加。> GetBlockTableRecordId32,SetBlockTableRecordId32, GetBlockTableRecordId232, SetBlockTableRecordId232, GetBlockAttributeValue32, SetBlockAttributeValue32, GetBlockAttributeValue232, SetBlockAttributeValue232, GetFieldId32, SetFieldId32, GetFieldId232, SetFieldId232, GetGridLinetype32, SetGridLinetype32
  4. VLE 関数の追加 > vle-string-replace, vle-displayupdate, vle-licenselevel
  5. VL- 関数の追加 > vl-vplayer-set-color, vl-vplayer-set-truecolor, vl-vplayer-set-linetype, vl-vplayer-set-lineweight, vl-vplayer-set-transparency, vl-vplayer-get-color, vl-vplayer-get-linetype, vl-vplayer-get-lineweight, vl-vplayer-get-transparency
  6. Fast-COM のプロパティとメソッドの追加。> AddMLeader, Columns, CopyFrom, EntityTransparency, Erase, GetText, GetTextHeight, GetDynamicBlockProperties, HeaderSuppressed, Justification, MLineScale, PropertyName, RegenerateTableSuppressed, Rows, SetText, SetTextHeight, StyleName, TitleSuppressed, ToolPalettePath, Value, GetMinimumColumnWidth, GetMinimumRowHeight, GetColumnWidth, SetColumnWidth, GetRowHeight, SetRowHeight, ColumnWidth, RowHeight
  7. AutoCAD AutoLISP との互換性を高めるために、ほとんどの Lisp COM 関数 (vlax-get/put-property ...)、(vla-get-xxx ...)、(vla-put-xxx ...) が COM 固有の Variants/SafeArrays だけでなく、"普通の" Lisp データ型も入力として受け付けるようになった。
  8. ExpressTools の関数追加 > acet-geom-arbitrary-x, acet-layerp-mode, acet-layerp-mark
  9. ExpressTools の(内部的)関数追加 > acet::acos, acet::arc-point-list, acet::pl-point-list, acet::expandfn, acet::filetype, acet::nameonly, acet::pathonly,


V16.n (V.0.9.8)

  1. 16.2 - SheetMetal LISP 関数群が追加される。(BricsCAD独自)
  2. Lisp 関数(BricsCAD独自)の追加 >(grfill), (grarc
  3. VLE関数(BricsCAD独自)の追加 > (vle-list-massoc), (vle-entget-massoc)
  4. DOSLibエミュレーション関数の追加。>(dos_encrypt),(dos_getdir),(dos_dir),(dos_dirtree),(dos_getfilem
  5. Fast-COM のプロパティとメソッド追加 : AppendItems, AbortTransaction, Block, Display, DisplayLocked, Drafting, EffectiveName, EndTransaction, Files, GetBulge, GetExtensionDictionary, GetVariable, GraphicsWinLayoutBackgrndColor, GraphicsWinModelBackgrndColor, GetWeight, GetWidth, InsertMenuInMenuBar, LayoutCreateViewport, Load, Unload, Menus, MenuGroups, MenuBar, ModelType, NumTransactions, OpenSave, Output, Pdf, Preferences, Profiles, PatternType, PatternName, PatternAngle, PatternScale, PatternSpace, PatternDouble, RemoveItems, SetWeight, SetWidth, SetPattern, Selection, SetVariable, SetBitmaps, StartTransaction, SupportPath, System, SetBulge, ShowPlotStyles, Toolbars, User, VisualStyle

V15.n (V.0.9.7)

  1. エラー処理関数(BricsCAD独自)が追加。(vl-bt), (vl-bt-on), (vl-bt-off), bcad$disable-extended-error
  2. VLE関数(BricsCAD独自)の追加。(vle-aci2rgb), (vle-rgb2aci)
  3. Fast-COM のプロパティとメソッドの追加。> HasAttributes, IsRational, IsPeriodic, Degree, PromptString, TagString, TextString
  4. DOSLib のエミュレーション関数を実装開始。(Linux + Mac でも使えるようにしたいということらしい)
  5. DEScoder.exe をバージョン 2.6 に更新。(不具合修正)

V14.n (V.0.9.7)

  1. ExpressTools の 関数(acet-)を追加。


V12.n (V.0.9.6)

  1. 12.2 - OpenLispCoreバージョンを 9.1 に更新。(LISP プログラムが ~40% 程度高速化)
  2. 12.2 - Fast-COM 関数群を追加。COM のエミュレーション。
  3. 12.2 - VLE 関数ライブラリ(BricsCAD独自)の追加。(vla-関数のようなもの。)
  4. 12.2 - LISPオプティマイザー。(コードのボトルネック担っている部分を効率化してくれるらしい。)
  5. 12.1 - ObjectDbx.AxDbDocumentインターフェースがLISPエンジンに追加