Vla-put-createbackup

提供: GizmoLabs - だいたい CAD LISP なサイト
移動先: 案内検索
構文
(vla-put-createbackup vla-object bool )


機能
バックアップ ファイルの使用を指定する。


引数
  • vla-object … PreferencesOpenSave の VLAオブジェクト
  • bool … ブール型
  •  :vlax-True : バックアップ ファイルを作成する。
  •  :vlax-False: バックアップ ファイルを作成しない(全保存の場合でも)。


戻り値
nil


  • MEMO : このプロパティの初期値は True。このプロパティでバックアップ ファイル(.bak)の作成を禁止すると、インクリメンタル保存の速度が向上する。大規模な図面では、オペレーティング システムがバックアップ ファイルを作成するためにファイル データをコピーするのに、インクリメンタル保存の所要時間の大部分が費やされる。
  • 注意: 図面保存中の停電などの偶発時には、図面データが失われることがある。
  • 注: このプロパティの値は、システム変数 ISAVEBAK に格納される。


サンプル
(vl-load-com)
(defun c:Example_CreateBackup()
    ;; CreateBackup の設定を取得して変更するサンプル
    (setq acadObj (vlax-get-acad-object))
    (setq preferences (vla-get-Preferences acadObj))
        
    ;; CreateBackup 値を取得
    (setq currCreateBackup (vla-get-CreateBackup (vla-get-OpenSave preferences)))
    (alert (strcat "現在の CreateBackup 値は " (if (= currCreateBackup :vlax-true) "True" "False")))
    
    ;; 変更
    (setq newCreateBackup (if (= currCreateBackup :vlax-true) :vlax-false :vlax-true))
    (vla-put-CreateBackup (vla-get-OpenSave preferences) newCreateBackup)
    (alert (strcat "新しいCreateBackup 値は " (if (= newCreateBackup :vlax-true) "True" "False")))
    
    ;; 戻す
    (vla-put-CreateBackup (vla-get-OpenSave preferences) currCreateBackup)
    (alert (strcat "CreateBackup 値を次に戻しました。 " (if (= currCreateBackup :vlax-true) "True" "False")))
)

関連事項