画層状態関数

提供: GizmoLabs
移動先: 案内検索

AutoLISP の 画層状態関数は、次の通り。

関 数 説 明
(acet-layerp-mode [status]) 画層復元モードを取得、設定する。
(acet-layerp-mark [status]) 画層復元のために開始マークと終了マークをつける。
(layerstate-addlayers layerstatename (list layerstate layername state color linetype lineweight plotstyle)) 画層状態に一連の画層を追加または更新する。
(layerstate-compare layerstatename viewport) 画層状態と、現在の図面内の画層を比較する。
(layerstate-delete layerstatename) 画層状態を削除する。
(layerstate-export layerstatename filename) 画層状態を指定したファイルに書き出する。
(layerstate-getlastrestored) 現在の図面に最後に保存された画層状態の名前を返す。
(layerstate-getlayers layerstatename [invert]) 画層状態に保存されている画層を返す。
(layerstate-getnames [includehidden] [includexref]) 画層状態の名前のリストを返す。
(layerstate-has layerstatename) 画層状態が存在するかどうかをチェックする。
(layerstate-import filename) 指定したファイルから画層状態を読み込みます。
(layerstate-importfromdb layerstatename filename) 指定した図面ファイルから画層状態を読み込む。
(layerstate-removelayers ayerstatename (list layername layername layername ...)) 画層状態から画層のリストを除去する。
(layerstate-rename oldlayerstatename newlayerstatename) 画層状態の名前を変更する。
(layerstate-restore layerstatename viewport [restoreflags]) 画層状態を現在の図面に復元する。
(layerstate-save layerstatename mask viewport) 現在の図面に画層状態を保存する。