文字列処理

提供: GizmoLabs
移動先: 案内検索

AutoLISP の文字列処理関数は、次の通り。

関 数 説 明
(Fnsplitl path) パスの文字列を分割したリストを返す。(undocument function)
(lpad string integer) 文字列の先頭から指定された数の文字列を返す。[*ICAD]
(read [string]) 文字列から取得した最初のリストまたはアトムを返す。
(rpad string integer) 文字列の最後から指定された数の文字列を返す。[*ICAD]
(strcase string [which]) すべてのアルファベットを大文字または小文字に変換した文字列を返す。
(strcat [string1 [string2] ...) 複数の文字列を連結した文字列を返す。
(strlen [string] ...) 文字列の文字数を示す整数を返す。
(substr string start [length]) 文字列の部分文字列を返す。
(trim string [flag]) 文字列から指定されたオプションでスペースを除去した文字列を返す。[*ICAD]
(vl-prin1-to-string object) LISP オブジェクトを表す文字列を、prin1 関数で出力したかのように返す。
(vl-princ-to-string object) LISP オブジェクトを表す文字列を、princ 関数で出力したかのように返す。
(vl-string->list string) 文字列を文字コードのリストに変換する。
(vl-string-elt string position) 文字列内の指定された位置の文字を表す ASCII を返す。
(vl-string-left-trim character-set string) 指定された文字を、文字列の先頭から削除する。
(vl-string-mismatch str1 str2 [pos1pos2ignore-case-p]) 指定された位置から始まる、2 つの文字列の最も長い共通の接頭語の長さを返す。
(vl-string-position char-code str [start-pos [from-end-p]]) 文字列内の指定された ASCII コードの文字を検索する。
(vl-string-right-trim character-set string) 指定された文字を、文字列の末尾から削除する。
(vl-string-search pattern string [start-pos]) 指定されたパターンを文字列内で検索する。
(vl-string-subst new-str pattern string [start-pos]) 文字列内の特定の文字列を他の文字列で置換する。
(vl-string-translate source-set dest-set str) 文字列内の文字を指定された文字セットで置換する。
(vl-string-trim char-set str) 指定された文字を、文字列の先頭と末尾から削除する。
(wcmatch string pattern) ワイルドカードを使用して、文字列のパターン マッチングを行う。