Vl-string-mismatch

提供: GizmoLabs
移動先: 案内検索
構文
(vl-string-mismatch str1 str2 [pos1 pos2 ignore-case-p])


機能
指定された位置から始まる、2 つの文字列の最も長い共通の接頭語の長さを返す。
引数
  • str1 : 一致を調べる最初の文字列。
  • str2 : 一致を調べる 2 番目の文字列。
  • pos1 : 最初の文字列の検索開始位置を示す整数。省略した場合は 0(ゼロ)。
  • pos2 : 2 番目の文字列の検索開始位置を示す整数。省略した場合は 0(ゼロ)。
  • ignore-case-p : この引数に T を指定すると、大文字と小文字の違いは無視されます。それ以外の場合は、大文字と小文字が区別される。


戻り値
整数。


サンプル
(vl-string-mismatch "VL-FUN" "VL-VAR") 
3
(vl-string-mismatch "vl-fun" "avl-var") 
0
(vl-string-mismatch "vl-fun" "avl-var" 0 1) 
3
(vl-string-mismatch "VL-FUN" "Vl-vAR") 
1
(vl-string-mismatch "VL-FUN" "Vl-vAR" 0 0 T) 
3
(vl-string-mismatch " " " ")
1
(vl-string-mismatch "" "")
0
(vl-string-mismatch "あいうえお" "あいうえを")
9