Vlax-ldata-delete

提供: GizmoLabs
移動先: 案内検索
構文
(vlax-ldata-delete dict key [private])


機能
図面ディクショナリから LISP データを削除する。


引数
  • dict : VLA オブジェクト、AutoCAD 図形オブジェクト、またはグローバル ディクショナリの名前を示す文字列。
  • key : ディクショナリ キーを指定する文字列。
  • private : private 引数に nil 以外の値が指定され、独自の名前空間 VLX から vlax-ldata-delete 関数が呼び出されると、vlax-ldata-delete 関数は dict からプライベート LISP データを削除します (この引数の使用例は vlax-ldata-get 関数を参照)。


戻り値
成功した場合は T。 それ以外の場合(たとえば、データが存在しない場合)は nil。


サンプル
LISP データをディクショナリに追加する。
(vlax-ldata-put "dict" "key" '(1)) 
(1) 
vlax-ldata-delete 関数を使用して、LISP データを削除する。
(vlax-ldata-delete "dict" "key") 
T 
もう一度 vlax-ldata-delete 関数を呼び出して、同じデータを削除しようとすると、データがディクショナリに存在しないので、nil が返される。
(vlax-ldata-delete "dict" "key") 
nil 



関連事項