Vla-selectonscreen

提供: GizmoLabs - だいたい CAD LISP なサイト
移動先: 案内検索
構文
(vla-select vla-object [ FilterType FilterData ])


機能
ユーザに画面上でオブジェクトを選択するよう要求する。


引数
選択セットの場合
  • vla-object … SelectionSet の VLA オブジェクト
  • FilterType … 使用するフィルタのタイプを指定する DXF グループ コード。
  • FilterData … フィルタをオンにする値。


戻り値
なし


  • 注意 : このメソッドは、フィルタ機能をサポートしている。CAD の既定のオブジェクト選択用プロンプト文字列が、自動的に使用される。

選択モードのオプションについての詳細は、vla-selectvla-selectbypolygon、および vla-selectatpoint メソッドを参照。

  • Windows 以外の環境とか、VL関数使えない互換CAD では、ssgetentsel とか VLA 関数ではない図形選択関数を使用するしかない。


サンプル
(vl-load-com)
(defun c:Example_SelectOnScreen()
    ;; 図形選択して表示するサンプル
    (setq acadObj (vlax-get-acad-object))
    (setq doc (vla-get-ActiveDocument acadObj))

    ;; 選択セットを作成
    (setq ssetObj (vla-Add (vla-get-SelectionSets doc) "TEST_SSET"))
    
    ;; 選択セットに追加
    (vla-SelectOnScreen ssetObj)
    
    (alert (strcat "図形選択 : " (itoa (vla-get-Count ssetObj))))
    (vla-Delete ssetObj)
)

関連事項