Ssadd

提供: GizmoLabs
移動先: 案内検索
構文
(ssadd [ename [ss]])


機能
選択セットにオブジェクト(図形)を追加、または新しい選択セットを作成する。


引数
  • ename : 図形名。
  • ss : 選択セット。
* 引数を指定しないで呼び出すと、空の新しい選択セットを作成する。 単一の図形名引数(ename)を指定して呼び出すと、その単一の図形を含む新しい選択セットを作成する。 図形名と選択セット(ss)を指定して呼び出すと、指定された図形を選択セットに追加する。


戻り値
新しく作成した選択セット、または修正した選択セット。


サンプル
図形が選択セットに追加されたときは、新しい図形を既存の選択セットに追加し、ss 引数で指定された選択セットを返す。このため、その選択セットが代入されている他の変数にも、追加が反映される。指定した図形が既に選択セット内に存在する場合は、ssadd 関数の処理を無視し、エラーとはならない。
;変数 e1 に、図面内の最初の図形の名前を代入する。
(setq e1 (entnext))
 <Entity name: 1d62d60>

; ss に、空の選択セットを代入する。
(setq ss (ssadd))
<Selection set: 2>

; 次のコマンドは、ss が参照している選択セットに、図形 e1 を追加する。
(ssadd e1 ss)
<Selection set: 2>

; e1 の次の図形を取得する。
(setq e2 (entnext e1))
<Entity name: 1d62d68>

; 図形 e2 を選択セット ss に追加する。
(ssadd e2 ss)

<Selection set: 2>

関連事項