Open

提供: GizmoLabs
移動先: 案内検索
構文
(open filename mode)


機能
LISPの入出力関数がアクセスできるようにファイルを開く。


引数
  • filename : 開くファイルの名前と拡張子を指定する文字列。ファイルの完全パスを指定しなかった場合、スタートアップディレクトリを指定したものとみなされる。
  • mode : ファイルを読み込みモード、書き出しモード、追加モードのいずれで開くかを指定する。次の文字のいずれか 1 つを含む文字列を指定する。
  • r : 読み込みモードで開く。
  • w : 書き出しモードで開く。filename 引数のファイルが存在しない場合、新しいファイルが作成、開かれる。ファイルが存在する場合、既存データが上書きされる。開いたファイルに渡されたデータは、close 関数でそのファイルを閉じるまで、実際には書き出されない。
  • a : 追加モードで開く。filename 引数のファイルが存在しない場合、新しいファイルが作成、開かれる。ファイルが存在する場合、開いた後ポインタが既存のデータの終わりに移動するので、ファイルに書き出される新しいデータは既存のデータの後ろに追加される。
  • 注:mode 引数は、小文字でなければならない。 (今後のリリースで変更されるかも)


戻り値
ファイルを正常に開くことができた場合、他の入出力関数で使用可能なファイル ディスクリプタを返す。
モード "r" が指定され、filename 引数のファイルが存在しない場合、 nil を返す。


注: DOS システムの場合、プログラムやテキストエディタによってはテキスト ファイルの終端を示す EOF 記号([Ctrl]+[Z]、10 進 ASCII コード 26)が書き出される場合がある。テキスト ファイルを読み込むときに[Ctrl]+[Z] があると、その後にさらにデータが存在する場合でも DOS はファイルの終端とみなす。他のプログラムが作成したファイルに open 関数の "a" モードを使用してデータを追加する場合、テキスト ファイルの終わりに [Ctrl]+[Z] が挿入されていないかどうかを確認する。


サンプル
次のように、既存のファイルを開く。
(setq a (open "c:/program files/<CADインストールディレクトリ>/help/filelist.txt" "r")) 
#<file "c:/program files/<CADインストールディレクトリ>/help/filelist.txt">
次の例は、存在しないファイルに対して open 関数を実行している。
(setq f (open "c:¥¥my documents¥¥new.tst" "w")) 
#<file "c:¥¥my documents¥¥new.tst">

(setq f (open "nosuch.fil" "r")) 
nil

(setq f (open "logfile" "a")) 
#<file "logfile">

関連事項