Fill image

提供: GizmoLabs
移動先: 案内検索
構文
(fill_image x1 y1 width height color)


機能
現在アクティブなダイアログのイメージ タイルに、塗り潰された長方形を描く。
長方形の 1 点目(左上コーナー)を(x1、y1)に位置付け、2 点目(右下コーナー)を 1 点目からの相対距離(width、height)に位置付ける。原点(0,0)は、イメージの左上コーナー。
タイル寸法関数(dimx_tile と dimy_tile)を呼び出すことで、右下コーナーの座標値を取得することができる。
fill_image 関数は、start_image 関数の呼び出しと end_image 関数の呼び出しの間で使用しないといけない。


引数
  • x1 : (x1,y1)に位置付ける長方形の左上コーナーの X 座標。正の値でないと駄目。
  • y1 : 左上コーナーの Y 座標。 正の値でないと駄目。
  • width : 塗り潰し領域の幅(ピクセル)、x1からの変位。
  • height : 塗り潰し領域の高さ(ピクセル)、y1からの変位。
  • color : 色番号、または次の表に示した論理色番号の1 つ。
論理色属性の名前
色番号 ADIニーモニック 説 明
-2 BGLCOLOR スクリーンの現在の背景色
-15 DBGLCOLOR 現在のダイアログの背景色
-16 DFGLCOLOR ダイアログ 現在の前景色(文字)
-18 LINELCOLOR 現在のダイアログの線の色


戻り値
塗り潰し色を示す整数。