Slide image

提供: GizmoLabs
移動先: 案内検索
構文
(slide_image x1 y1 width height sldname)


機能
現在アクティブなダイアログ イメージ タイルに スライドを表示する。


引数
  • x1 : タイルの左上からの X 方向のオフセット。単位はピクセル。 正の値でなければならない。
  • y1 : タイルの左上からの Y 方向のオフセット。単位はピクセル。 正の値でなければならない。
  • width : イメージの幅。単位はピクセル。
  • height : イメージの高さ。単位はピクセル。
  • sldname : スライドの識別子。 この引数には、スライド ファイル(.sld)またはスライド ライブラリファイル(.slb)内のスライドを指定できる。VSLIDE[スライド表示]コマンドやメニュー ファイルで指定するのと同様の方法で sldname を指定する。
スライドの 1 点目(左上コーナー)、つまり挿入点を(x1,y1)に位置付け、2 点目(右下コーナー)を 1 点目からの相対距離(width,height)に位置付ける。原点(0,0)は、イメージの左上コーナー。
タイル寸法関数(dimx_tile と dimy_tile)を呼び出すことにより、右下コーナーの座標値を取得することができる。


戻り値
sldname を含む文字列。


(setq tile_name "strbase")
(setq x (dimx_tile tile_name))
(setq y (dimy_tile tile_name)) 
(slide_image 0 0 x y "textslide")

;; 次の記述も有効
; (slide_image 0 0 x y "textslide.sld")
; (slide_image 0 0 x y "txt.slb(textslide)")
; (slide_image 0 0 x y "txt.slb(textslide.sld)")