Bim関数-BricsCAD

提供: GizmoLabs
移動先: 案内検索

BricsCAD の LISP BIM API について

BricsCAD の V17.2.07より、BricsCAD LISP API に BIM機能専用のインターフェイスが提供されている。 BIM API の関数群は、シンプルで柔軟性があり、名前、引数、動作、結果において通常の AutoLISP のロジックに従うように設計されている。

BricsCAD の BIM機能はPROライセンス(旧BIM拡張機能付きプラチナライセンス)を必要とする。 下位ライセンスではAPIモジュールは有効にならず、すべてのBIM LISP API機能は「無動作」になる。

  • BIMの開発が絶え間なく続く中、BRX と LISP の API も拡大し、より多くの機能を提供し、サードパーティ開発者からのアイデアやフィードバックも取り入れる予定とされている。

BIM LISP APIを有効にするには

BIM用のLISP機能セットはBRXコアシステムを使用して実装されているため、以下の関数を使用して BIM LISPインターフェース機能を明示的にロード/アクティブ化する必要がある。(AutoCAD での(vl-load-com)と似た使い方)

(vl-load-bim) ; 使える状態なら T、使えない状態なら nil を返す。


LISP BIM API の一般的なヒントとルール

  • エンティティ名の使用:関数が エンティティ名を必要とする場合、クラシック名と vlaオブジェクト の両方がサポートされる。
  • BIM の概念では、すべてのオブジェクトは、建物、階数、構成、材料などに適用される「名前」(明確な識別文字列)を持っている。これにより、クライアントコードが大幅に簡素化される(特別なLispオブジェクトの型や型の検証は必要ない)。
    • 注意:すべての識別文字列、名前文字列、タイプ文字列などは、常に大文字と小文字を区別する(将来のBIMバージョンでは、大文字と小文字を区別しない文字列を使用する方が快適かもしれない)


BIM API がカバーしている機能領域

定数

関数

V21 変更点+追加点

V21では、V20以前で使用されていた「部屋」の概念が、より普遍的な「空間」の概念に置き換わった。 そのため、V21ではLISP BIMインターフェースに「スペース」に関連する機能が追加された。 しかし、LISP BIM APIは、可能な限り、部屋と空間を同一に扱おうとする。

詳しくは、space-bricscad_bim に関連する新しいLISP関数を参照。

IFCファイルの読み込み・書き出し関数