Angtos

提供: GizmoLabs
移動先: 案内検索
構文
(angtos angle [unit [precision]])


機能
ラジアン単位の角度の値を文字列に変換する。
angle を受け入れ、unit、precision、システム変数 UNITMODE、寸法変数 DIMZIN[0 省略表記]の設定に応じた文字列に編集して返す。
angle 引数として負の値も受け入れるが、この場合は常にその値を 0 と 2π ラジアンの間の正の値に変換した上で、指定された変換を実行する。
測量用単位が選択された場合(unit の値が 4)は、返す文字列はシステム変数 UNITMODE の影響を受ける。
UNITMODEが 0なら、文字列中にスペースが入る。 1なら、文字列中にスペースは入らない。


引数
  • angle : ラジアン単位の実数
  • unit : 角度の単位を指定する整数。
省略した場合、システム変数 AUNITS の現在値を使用し、次の unit を指定する事ができる。
0 十進数(度)
1 度/分/秒
2 グラジエント
3 ラジアン
4 測量用単位
  • precision : 戻り値の小数点以下の桁数を指定する整数。省略した場合、システム変数AUPRECの現在の設定を使用。


戻り値
成功した場合は文字列、それ以外の場合は nil。
サンプル
(angtos 0.785398 0 4)
"45.0000"
(angtos -0.785398 0 4)
"315.0000"
(angtos -0.785398 4)
"S 45d E"


  • 任意の角度(ANGBASE の値に関連付けられていない角度)を表示するために angtos 関数を使用する場合は、ANGBASE の値を調べて考慮に入れる必要がある。
---

関連事項