関数処理

提供: GizmoLabs
移動先: 案内検索

AutoLISP の関数処理関数の概要は次の表の通り。

関 数 説 明
(apply function lst) 引数のリストを指定された関数に渡す。
(defun sym ([arguments] [/variables...]) expr ...) 関数を定義する。
(defun-q sym ([arguments] [/variables...]) expr ...) 関数をリストとして定義する(下位互換性を保時する場合だけ使用)。
(defun-q-list-ref 'function) defun-q で定義された関数のリスト構造を表示する。
(defun-q-list-set 'sym list) 関数をリストとして定義する(下位互換性を保時する場合だけ使用)。
(eval expr) AutoLISP 式として評価した結果を返す。
(lambda arguments expr ...) 匿名の関数を定義する。
(progn [expr] ...) 各式を順に評価して最後の式の値を返す。
(trace function ...) AutoLISP のデバッグを支援する。指定された関数の評価ごとにトレース出力を呼び出しの深さのレベルに応じた字下げで表示する。
(untrace function ...) 指定された関数のトレース フラグをクリアする。
(vl-acad-defun 'symbol) AutoLISP 関数シンボルを外部のサブルーチンとして定義する。
(vl-acad-undefun 'symbol) AutoLISP 関数シンボルを定義解除する。その結果、その関数はそれ以降、ObjectARX アプリケーションで使用できなくなる。