Defun-q-list-set

提供: GizmoLabs
移動先: 案内検索
構文
(defun-q-list-set 'sym list)


機能
シンボルの値を設定し、リストによって定義された関数にする。
引数
  • sym : 関数名のシンボル。
  • list : 関数に含まれる式を含んだリスト。
戻り値
定義された sym。
サンプル
 (defun-q-list-set 'foo '((x) x)) 
 ''FOO'' 
 (foo 3) 
 3 
次の例では、defun-q-list-set 関数を使用して、2 つの関数を 1 つの関数に結合する。
defun-q 関数を使用して 2 つの関数を定義。
 (defun-q s::startup (x) (print x)) 
 S::STARTUP 
 
 (defun-q my-startup (x) (print (list x))) 
 MY-STARTUP 
defun-q-list-set 関数を使用して、上記の関数を 1 つの関数に結合。
 (defun-q-list-set 's::startup (append 
  (defun-q-list-ref 's::startup) 
  (cdr (defun-q-list-ref 'my-startup)))) 
 '''S::STARTUP''' 
次に、2 つの関数がそれぞれどのように応答するか、
および defun-q-list-set 関数を使用して結合した後の関数がどのように動作するかを示す。
 (defun-q foo (x) (print (list 'foo x))) 
 FOO 
 (foo 1) 
 (FOO 1) (FOO 1) 
 
 (defun-q bar (x) (print (list 'bar x))) 
 BAR 
 (bar 2) 
 (BAR 2) (BAR 2) 
 
 (defun-q-list-set 
  'foo 
  (append (defun-q-list-ref 'foo) 
  (cdr (defun-q-list-ref 'bar)) 
  )) 
 '''FOO''' 
 
 (foo 3) 
 (FOO 3)  
 (BAR 3) (BAR 3) 

関連事項