Progn

提供: GizmoLabs
移動先: 案内検索
構文
(progn [expr]...)


機能
各式を順に評価して最後の式の値を返す。
progn 関数を使用すると、1 つの式しか指定できない箇所で複数の式を評価できる。


引数
  • expr : 1 つ以上の LISP 式。
戻り値
最後に評価した式の結果。


サンプル
 (setq a 9)
 (if (>= a 8)
 (progn (setq b a)
   (setq (1+ b)
 ))
 '''10''' 
---
if 関数は通常、テスト式の評価結果が nil 以外の場合、1 つの then 式を評価する。
次の例は progn 関数を使用して、if 関数の後の 2 つの式を評価している。
 (setq a 1 b 1)
 (if (= a b) 
   (progn 
     (princ "¥nA = B ") 
     (setq a (+ a 10) b (- b 10)) 
   ) 
 ) 
 A = B
 '''-9'''

関連事項