選択セット操作

提供: GizmoLabs
移動先: 案内検索

AutoLISP の選択セット操作関数は、次の通り。

関 数 説 明
(ssadd [ename [ss]]) 選択セットにオブジェクト(図形)を追加、または新しい選択セットを作成する。
(ssdel ename ss) 選択セットからオブジェクト(図形)を除去する。
(ssget [mode] [pt1 [pt2]] [pt-list] |[filter-list]) オブジェクト(図形)を選択するようユーザに要求し、選択セットを返す。
(ssgetfirst) オブジェクトが選択されているかどうか、およびグリップされているかどうかを調べる。
(sslength ss) 選択セットに含まれるオブジェクト(図形)の数を示す整数を返す。
(ssmemb ename ss) 指定されたオブジェクト(図形)が選択セットのメンバーかどうかをテストする。
(ssname ss index) 選択セットの指定されたインデックス番号の要素のオブジェクト(図形)名を返す。
(ssnamex ss index) 選択セットがどのように作成されたかに関する情報を取得する。
(sssetfirst gripset [pickset]) オブジェクトを選択したり、グリップする。