追加・変更された AutoLISP 関数

提供: GizmoLabs
移動先: 案内検索

わりと適当更新ですよ。

AutoLISP に対して行われた追加と変更点 (AutoCAD)

  • AutoCAD 2019
    • 追加・変更なし?
  • AutoCAD 2018
    • 追加・変更なし。
  • AutoCAD 2017
    • 追加・変更なし。
  • AutoCAD 2016
    • 変更点
      • osnap: 指定された点にオブジェクト スナップ モードを適用して取得した 3D 点を返します。この関数は、qui モードを受け入れなくなりました。qui モードを使用すると、他のモードが指定されていても、nil の値が返されることになります。
    • 旧機能
      • getcfg - acad20xx.cfg ファイルの AppData セクションからアプリケーション データを取得する。
      • setcfg - acad20xx.cfg ファイルの AppData セクションにアプリケーション データを書き出する。

注: getcfg 関数と setcfg は互換性を保つために現在も使用できますが、今後のリリースで削除される可能性があります。これらの代わりに vl-registry-read および vl-registry-write 関数を使用することをお勧めします。

  • AutoCAD 2015
    • 追加・変更なし。
  • AutoCAD 2014 :
    • 新機能
      • findtrustedfile - 指定されたファイルを AutoCAD の信頼できるファイル パスで検索する。
      • showHTMLModalWindow - HTML ドキュメントを含むモーダル ウィンドウを表示します。新しい JavaScript API と合わせて使用。
    • 変更点
      • findfile - 新しいく 信頼できるアプリケーション パスを検索するように更新された。
  • AutoCAD 2013
    • 新機能
    • 古くなった機能
  • AutoCAD 2012
    • 新機能
      • command-s - AutoCAD コマンドと指定された入力を実行する。
      • *pop-error-mode* - *push-error-using-command* または *push-error-using-stack* に対する以前の呼び出しを終了するエラー処理関数
      • *push-error-using-command* - カスタム *error* ハンドラ内での command 関数の使用を示すエラー処理関数。
      • *push-error-using-stack* - カスタム *error* ハンドラ内での AutoLISP スタックの変数の使用を示すエラー処理関数。
  • AutoCAD 2010
    • 変更
      • help - HTML ドキュメントのサポートを追加するように関数が更新された。
  • AutoCAD 2009
    • 新機能
  • AutoCAD 2000i -> 2008
    • 追加・変更なし。

AutoLISP に対して行われた追加と変更点 (IJCAD)

  • IJCAD X
    • 情報なし
  • IJCAD 7
    • 情報なし
  • IJCAD 6
    • 情報なし