照会とコマンド

提供: GizmoLabs
移動先: 案内検索

AutoLISP の照会関数とコマンド関数は、次の通り。

関 数 説 明
(acad_colordlg colornum [flag]) 標準の[色選択]ダイアログ ボックスを表示する。
(acad_truecolordlg color [allowbylayer] [currentlayercolor]) インデックス カラー、True color、カラー ブックのタブがある AutoCAD の標準の[色選択]ダイアログ ボックスを表示する。
(acad_truecolorcli color [allowbylayer] [alternatePrompt]) コマンドラインに色を選択するように表示する。
(acad_help dlghelpfile topic) ヘルプ機能を呼び出す(旧機能)。
(command [arguments] ...) CAD コマンドを実行する。
(getcfg cfgname) AppData セクションからアプリケーション データを取得する。
(getcname cname) 英語以外の言語に翻訳された CAD コマンド名、または英語の CAD コマンド名を取得する。
(getenv "variable-name") 環境変数に設定されている文字列値を返する。
(getvar varname) CAD のシステム変数の値を取得する。
(help [helpfile topic [command]]]) ヘルプ機能を呼び出す。
(setcfg cfgname cfgval) AppData セクションにアプリケーション データを書き出す。
(setenv "varname""value") 指定された値を環境変数に代入す。
(setfunhelp "c:fname" ["helpfile" ["topic" ["command"]]]) ユーザ定義コマンドをヘルプ機能付きで登録し、ユーザがそのコマンドのヘルプを要求したとき、該当するヘルプ ファイルとトピックが呼び出されるようにする。
(setvar varname value) 指定された値を CAD システム変数に代入する。
(ver) AutoLISP の現在のバージョンを表す文字列を返す。
(vl-cmdf [arguments] ...) arguments を評価した上で CAD のコマンドを実行する。
(vlax-add-cmd global-name func-sym [local-name cmd-flags]) コマンドをグループに追加する。注 VLISP の拡張 AutoLISP 関数を使用するには、vl-load-com を呼び出す必要がある。
(vlax-remove-cmd global-name) 単一のコマンドまたはコマンド グループを除去する。注 VLISP の拡張 AutoLISP 関数を使用するには、vl-load-com を呼び出す必要がある。