Acad truecolorcli

提供: GizmoLabs
移動先: 案内検索
構文
(acad_truecolorcli color [allowbylayer] [alternatePrompt])


機能
コマンド ラインに色を選択するようプロンプトを表示する。
引数
  • color : 既定の色を表すドット ペア。 ドット ペアの 1 つ目の要素は、色に関する DFX グループのコード(62、420 または 430)とする必要がある。
例:(62 . ColorIndex), (420 . TrueColor)、または (430 . "colorbook$colorname").
  • allowbylayer : allowbylayer 引数を省略したり、 nil 以外の値を指定すると、色を設定するときに bylayer や byblock を入力できるようになる。 nil に設定すると、bylayer または byblock がすでに入力されている場合はエラーとなる。
  • alternateprompt : 省略可能なプロンプトの文字列。 この文字列を省略すると、"新しい色" が既定値となる。


戻り値
操作が正しく行われると、関数は色の選択を行ったタブに従って、選択された色を記述する 1 つ以上のドット ペアのリストを返す。リスト内の最後のドット ペアは、選択する色を示している。ユーザがダイアログ ボックスをキャンセルすると、nilを返す。
  • カラー ブックの色 : 返されるリストの最後の項目が 430 ペアの場合は、指定された色はカラー ブックから生成される。 このリストは、対応する True color を記述する 420 ペアや、最も近いカラー インデックスの値を記述する 62 ペアも含まれる。
  • True color : 返されるリストが 最後の項目として420 ペアを含む場合は、True color が(「赤、緑、青」として) 指定される。 最も近いカラー インデックスを示す 62 ペアもこのリストに含まれる。 430 ペアは含まれない。
  • カラー インデックス : リストの最後の項目が 62 ペアである場合は、カラー インデックスが選択されている。 他のドット ペアは返されるリストには含まれない。


サンプル
; コマンド ラインに、既定値として選択された紫色のカラー インデックスと、他の文字列を入力するためのコマンド プロンプトとともに、色を選択するようプロンプトが表示される。
(acad_truecolorcli '(62 . 215) 1 "Pick a color") 
> 新しい色 [Truecolor/COlorbook] <215>: 
((62 . 215))

; コマンド ラインに、既定値として選択された黄色のカラー インデックスを使用して色を選択するようプロンプトが表示されます。画層ごとに色を設定する。
(acad_truecolorcli '(62 . 2)) 
> 新しい色 [Truecolor/COlorbook] <2 (yellow)>: bylayer
((62 . 256))

関連事項