シンボル テーブル処理の各関数

提供: GizmoLabs
移動先: 案内検索

AutoLISP のシンボル テーブル処理関数は、次の通り。

関 数 説 明
(dictadd ename symbol newobj) 指定されたディクショナリに非グラフィカル オブジェクトを追加する。
(dictnext ename symbol [rewind]) ディクショナリ内の次の項目を検索する。
(dictremove ename symbol) 指定されたディクショナリから項目を除去する。
(dictrename ename oldsym newsym) ディクショナリの項目の名前を変更する。
(dictsearch ename symbol [setnext]) ディクショナリ内の項目を検索する。
(layoutlist) 現在の図面内のすべてのペーパー空間レイアウトのリストを返す。
(namedobjdict) 図面内のすべての非グラフィカル オブジェクトのルートである、現在の図面の名前の付いたオブジェクトのディクショナリの図形名を返す。
(setview view_description [vport_id]) 指定されたビューポートにビューを設定する。
(snvalid sym_name) 指定された文字列が有効なシンボル テーブル名かどうかチェックする。
(tblnext table-name [rewind]) シンボル テーブル内の次の項目を取得する。
(tblobjname table-name symbol) 指定されたシンボル テーブル項目の図形名を返す。
(tblsearch table-name symbol [setnext]) シンボル テーブル内のシンボル名を検索する。
(vlax-ldata-delete dict key [private]) 図面ディクショナリから AutoLISP データを削除する。*1
(vlax-ldata-get dict key [default-data]) 図面ディクショナリから AutoLISP データを取得する。*1
(vlax-ldata-list dict) 図面ディクショナリ内の AutoLISP データをリストする。*1
(vlax-ldata-put dict key data) 図面ディクショナリ内の AutoLISP データを格納する。*1
(vlax-ldata-test data) データを異なるセッション間で格納できるかどうかを調べる。 *1
*1  VLISP の拡張 AutoLISP 関数を使用するには、vl-load-com を呼び出す必要がある。