シンボル処理の各関数

提供: GizmoLabs
移動先: 案内検索

AutoLISP のシンボル処理関数は、次の通り。

関 数 説 明
(atom item) 指定された項目がアトムかどうかを調べる。
(atoms-family format [sym list]) 現在定義されているシンボルのリストを返す。
(boundp sym) シンボルに値が代入されているかどうかを調べる。
(not item) 指定された項目の評価が nil になるかどうかを調べる。
(null item) 指定された項目の内容が nil かどうかを調べる。
(numberp item) 指定された項目が実数または整数かどうかを調べる。
(quote expr) 評価せずに式を返す。
(set sym expr) シングル クォーテーション付きのシンボル名の値に式を代入する。
(setq sym1 expr1 [sym2 expr2] ...) シンボル(1 つまたは複数)に式の値を代入する。
(type item) 指定された項目のタイプを返す。
(vl-symbol-name symbol) シンボルの名前を含む文字列を返す。
(vl-symbol-value symbol) シンボルに代入されている現在の値を返す。
(vl-symbolp object) 指定されたオブジェクトがシンボルかどうかを調べる。