Set

提供: GizmoLabs
移動先: 案内検索
構文
(set sym expr)


機能
シングル クォーテーション付きのシンボル名の値に式を代入する。
set 関数がその両方の引数を評価するのに対して、setq 関数はその第 2 引数のみを評価すること以外は、set 関数と setq 関数は同じように動作する。


引数
  • sym  : シンボル。
  • expr : LISP 式。


戻り値
式の値。


サンプル
;次のそれぞれのコマンドは、シンボル a に 5.0 を代入する。
(set 'a 5.0) 
(set (read "a") 5.0) 
(setq a 5.0) 
; ---
; set 関数と setq 関数の両方とも第 1 引数にはシンボルを指定するが、set 関数はシンボルを返す式を受け入れ、setq 関数は式を受け入れない。
; 次に、例を示します。
(set (read "a") 5.0) 
5.0
(setq (read "a") 5.0) 
; エラー: 構文エラー



関連事項