「Start dialog」の版間の差分

提供: GizmoLabs
移動先: 案内検索
 
(同じ利用者による、間の2版が非表示)
1行目: 1行目:
 +
{{AutoLISP}}
 
; 構文
 
; 構文
 
: (start_dialog)
 
: (start_dialog)
6行目: 7行目:
 
: ダイアログ ボックスを表示し、ユーザ入力の受け入れを開始する。
 
: ダイアログ ボックスを表示し、ユーザ入力の受け入れを開始する。
 
: あらかじめ new_dialog 関数を呼び出してダイアログ ボックスを初期化しておかなければならない。アクション式またはコールバック関数が done_dialog を呼び出すまで、ダイアログ ボックスはアクティブな状態を保つ。通常、done_dialog 関数は、キーが "accept" のタイル(通常は、[OK]ボタン)およびキーが "cancel" のタイル(通常は、[キャンセル]ボタン)に関係付けられる。
 
: あらかじめ new_dialog 関数を呼び出してダイアログ ボックスを初期化しておかなければならない。アクション式またはコールバック関数が done_dialog を呼び出すまで、ダイアログ ボックスはアクティブな状態を保つ。通常、done_dialog 関数は、キーが "accept" のタイル(通常は、[OK]ボタン)およびキーが "cancel" のタイル(通常は、[キャンセル]ボタン)に関係付けられる。
 +
  
 
; 引数
 
; 引数
 
:* なし
 
:* なし
 +
  
 
; 戻り値
 
; 戻り値
: start_dialog 関数は、done_dialog 関数に渡された status 引数(省略可能)を返す。 既定値は、ユーザが[OK]をクリックした場合は 1、[キャンセル]をクリックした場合は 0、term_dialog 関数ですべてのダイアログボックスを終了した場合は -1 。2 以上の整数の status 引数が done_dialog 関数に渡された場合、start_dialog 関数はこの値を返す。この値の意味はアプリケーション側で決定する。
+
: start_dialog 関数は、done_dialog 関数に渡された status 引数(省略可能)を返す。 既定値は、以下のとおり。
 +
:* ユーザが[OK]をクリックした場合は 1
 +
:* [キャンセル]をクリックした場合は 0
 +
:* term_dialog 関数ですべてのダイアログボックスを終了した場合は -1
 +
:* done_dialog 関数に 2 以上の整数の status 引数が渡された場合、start_dialog 関数はこの値を返す。値の意味はアプリケーション側で決める。
  
  
19行目: 26行目:
 
* [[load_dialog]] 関数
 
* [[load_dialog]] 関数
 
* [[unload_dialog]] 関数
 
* [[unload_dialog]] 関数
 +
* [[done_dialog]] 関数
 
* [[DCL]]
 
* [[DCL]]
  
 
[[Category:AutoLISP]]
 
[[Category:AutoLISP]]

2015年11月25日 (水) 16:19時点における最新版

構文
(start_dialog)


機能
ダイアログ ボックスを表示し、ユーザ入力の受け入れを開始する。
あらかじめ new_dialog 関数を呼び出してダイアログ ボックスを初期化しておかなければならない。アクション式またはコールバック関数が done_dialog を呼び出すまで、ダイアログ ボックスはアクティブな状態を保つ。通常、done_dialog 関数は、キーが "accept" のタイル(通常は、[OK]ボタン)およびキーが "cancel" のタイル(通常は、[キャンセル]ボタン)に関係付けられる。


引数
  • なし


戻り値
start_dialog 関数は、done_dialog 関数に渡された status 引数(省略可能)を返す。 既定値は、以下のとおり。
  • ユーザが[OK]をクリックした場合は 1
  • [キャンセル]をクリックした場合は 0
  • term_dialog 関数ですべてのダイアログボックスを終了した場合は -1 。
  • done_dialog 関数に 2 以上の整数の status 引数が渡された場合、start_dialog 関数はこの値を返す。値の意味はアプリケーション側で決める。



関連事項