Vla-scaleentity

提供: GizmoLabs - だいたい CAD LISP なサイト
移動先: 案内検索
構文
(vla-scaleentity vla-object object BasePoint ScaleFactor)


機能
指定したファイルにドキュメントを保存する。
AutoCAD 2006以降から、メニュー グループの保存は非サポート。


引数
  • vla-object … ドキュメントの VLA オブジェクト
  • object … このメソッドが適用されるオブジェクト。(すべての図形オブジェクト、AttributeReference)
  • BasePoint … バリアント型(3 要素の倍精度浮動小数点数型配列); 入力のみ基点を指定する 3D WCS 座標
  • ScaleFactor … オブジェクトの尺度を設定する係数。 オブジェクトの寸法に尺度係数を掛けます。 尺度係数が 1 より大きいとき、オブジェクトは拡大されます。 尺度係数が 0 より大きく 1 より小さい場合、オブジェクトは縮小されます。 尺度係数は 0.0 より大きくなければなりません。 倍精度浮動小数点数型


戻り値
nil


サンプル
(defun c:gz-sclent (/ pt1 sc)
(vl-load-com)
  (setq *ActDoc* (vla-get-ActiveDocument (vlax-get-Acad-Object)))
  (setq *util* (vla-get-utility *actdoc*))

  (vla-getentity *util* 'obj 'ip "\n拡大縮小する図形を選択: ")
  (setq pt1 (vla-getpoint *util* nil "\n基点を指示: "))
  (setq sc (vla-getreal *util* "\n倍率を入力: "))
  (vla-scaleentity obj pt1 sc)
  (princ)
);defun


関連事項