Vla-put-toleranceheightscale

提供: GizmoLabs
移動先: 案内検索
構文
(vla-put-toleranceheightscale vla-object scale)


機能
寸法値の高さに対する、寸法許容差値の文字高さの相対尺度を指定する。


引数
  • vla-object … VLAオブジェクト(Dim3PointAngular、DimAligned、DimAngular、DimArcLength、DimDiametric、Dimension、DimOrdinate、DimRadial、DimRadialLarge、DimRotated)
  • scale … 寸法許容差値の尺度。


戻り値
nil


  • MEMO : このプロパティの初期値は 1.0000。このプロパティは ToleranceDisplay プロパティが acTolNone 以外の値に設定されている場合にのみ使用できる。
  • DIMTOL[許容差表示]がオンで DIMTM[最小許容差]が DIMTP[最大許容差]に等しくないか、DIMLIM[許容限界表示]がオンの場合、最大および最小許容差値に対してこのプロパティを使用する。
  • このプロパティは、指定された寸法でシステム変数 DIMTFAC[許容差尺度]の値を変更する。


サンプル
(vl-load-com)
(defun c:Example_ToleranceHeightScale()
    ;; 寸法許容差を作成して新しい許容差表示をオンにするサンプル。
    ;; 許容差の文字高さは、ユーザによって調整することが可能
    (setq acadObj (vlax-get-acad-object))
    (setq doc (vla-get-ActiveDocument acadObj))
    
    ;; 寸法の定義
    (setq point1 (vlax-3d-point 5 5 0)
          point2 (vlax-3d-point 5.5 5 0)
          location (vlax-3d-point 5 7 0))
    
    ;; 長さ寸法を作成
    (setq modelSpace (vla-get-ModelSpace doc))
    (setq dimObj (vla-AddDimAligned modelSpace point1 point2 location))
    
    ;; 許容差を表示
    (vla-put-ToleranceDisplay dimObj acTolSymmetrical)
    
    (vla-ZoomAll acadObj)
    (vla-Regen doc acAllViewports)
    
    ;; 寸法の現在の許容差の高さを読み取って尺度を表示
    (alert (strcat "現在の許容差の尺度は: " (rtos (vla-get-ToleranceHeightScale dimObj) 2)))
    
    ;; 許容差の尺度を大きく
    (vla-put-ToleranceHeightScale dimObj (1+ (vla-get-ToleranceHeightScale dimObj)))
    
    (vla-Regen doc acAllViewports)
    
    ;; 寸法の現在の許容差の高さを読み取って尺度を表示
    (alert (strcat "新しい許容差の尺度は : " (rtos (vla-get-ToleranceHeightScale dimObj) 2)))
)


関連事項