Vla-put-hyperlinkdisplaytooltip

提供: GizmoLabs
移動先: 案内検索
構文
(vla-put-hyperlinkdisplaytooltip vla-object HyperlinkDisplayTooltip)


機能
ハイパーリンク ツールチップの表示/非表示を切り替える。


引数
  • vla-object … HyperlinkDisplayTooltip の VLA オブジェクト
  • HyperlinkDisplayTooltip … ブール型
  •  :vlax-TRUE: ハイパーリンク ツールチップを表示する。
  •  :vlax-FALSE: ハイパーリンク ツールチップを表示しない。


戻り値
nil


  • MEMO: このプロパティの初期値は TRUE。
  • 使用可能である場合、ハイパーリンクを含むオブジェクト上にカーソルがあるときは常にツールチップが表示され、使用可能ではない場合、ツールチップは表示されない。
  • このプロパティは、HyperlinkDisplayCursor プロパティが使用不能である場合、自動的に使用不能になる。
  • このプロパティは、 AutoCAD では 2000 から 2009 まで。2010 で削除されている。


サンプル
(vl-load-com)
(defun c:Example_HyperlinkDisplayCursor()
    ;; ハイパーリンクの表示を制御するプリファレンス値を
    ;; 読み込み変更するサンプル。(Autocad2010以降は使えない)
    ;; 変更後に元の値にリセットする。
    (setq acadObj (vlax-get-acad-object))
    (setq preferences (vla-get-Preferences acadObj))
    
    ;; 元の値を読み込んで表示
    (setq originalValue (vla-get-hyperlinkdisplaytooltip (vla-get-User preferences)))
    (alert (strcat "hyperlinkdisplaytooltip の値は次の値: " (if (= originalValue :vlax-true) "True"  "False")))

    ;; hyperlinkdisplaytooltip の preference をトグルで変更
    (vla-put-hyperlinkdisplaytooltip (vla-get-User preferences) (if (= originalValue :vlax-true) :vlax-false :vlax-true))
    (setq newValue (vla-get-hyperlinkdisplaytooltip (vla-get-User preferences)))
    (alert (strcat "hyperlinkdisplaytooltip の値は次の値になりました : " (if (= newValue :vlax-true) "True"  "False")))

    ;; オリジナルの値に戻す
    (vla-put-hyperlinkdisplaytooltip (vla-get-User preferences) originalValue)
    (alert (strcat "hyperlinkdisplaytooltip の値は次の値に戻りました : " (if (= originalValue :vlax-true) "True"  "False")))
)

関連事項