Vla-get-tempfileextension

提供: GizmoLabs - だいたい CAD LISP なサイト
移動先: 案内検索
構文
(vla-get-tempfileextension vla-object )


機能
テンポラリ ファイルの拡張子を取得する。


引数
  • vla-object … PreferencesOpenSave の VLAオブジェクト


戻り値
テンポラリ ファイルの拡張子。この文字列は 1~3 個の文字でなければならない。


  • MEMO : このプロパティの既定値の拡張子は ac$。
  • テンポラリ ファイル拡張子は、出力ファイルに使われる 1~3 文字の拡張子。マルチ ユーザ環境では、混乱を避けるためにユーザごとに違う名前を指定することができる。


サンプル
(vl-load-com)
(defun c:Example_TempFileExtension()
    ;; TempFileExtension の現在の設定を返します。値を変更し、
    ;; 最後に元の設定に戻す値をリセットします。
    (setq acadObj (vlax-get-acad-object))
    (setq preferences (vla-get-Preferences acadObj))
    
    ;; 現在の一時ファイルの拡張子の値を取得する。
    (setq currTempFileExtension (vla-get-TempFileExtension (vla-get-OpenSave preferences)))
    (alert (strcat "一時ファイルの拡張子の現在値は、 " currTempFileExtension))
    
    ;; 変更
    (vla-put-TempFileExtension (vla-get-OpenSave preferences) "@@@")
    (alert (strcat "新しい一時ファイルの拡張子は、 " (vla-get-TempFileExtension (vla-get-OpenSave preferences))))
    
    ;; 戻す
    (vla-put-TempFileExtension (vla-get-OpenSave preferences) currTempFileExtension)
    (alert (strcat "一時ファイルの拡張子を次に戻します " (vla-get-TempFileExtension (vla-get-OpenSave preferences))))
)

関連事項