Vla-get-postscriptprologfile

提供: GizmoLabs - だいたい CAD LISP なサイト
移動先: 案内検索
構文
(vla-get-postscriptprologfile vla-object)


機能
acad.psf ファイルのカスタマイズされたプロローグ セクションの名前を取得する。


引数
  • vla-object … PreferencesFiles の VLAオブジェクト


戻り値
PSOUT の処理を行う場合の acad.psf ファイルの PostScript プロローグ セクション名。


  • MEMO : プロローグ セクションは、出力結果をカスタマイズするために CAD の PSOUT[PS 書き出し]コマンドとともに使用される。詳細は、各CAD のマニュアルを参照。
  • このプロパティの値は、システム変数 PSPROLOG に格納される。


サンプル
(vl-load-com)
(defun c:Example_PostScriptPrologFile()
    ;; PSFファイルの設定を変更するサンプル
    (setq acadObj (vlax-get-acad-object))
    (setq preferences (vla-get-Preferences acadObj))
    
    ;; psf ファイルの既定値を取得
    (setq currPostScriptPrologFile (vla-get-PostScriptPrologFile (vla-get-Files preferences)))
    (if (= currPostScriptPrologFile "")
        (alert "PostScriptPrologFile is not currently set.")
        (alert (strcat "現在の PostScriptPrologFile は " currPostScriptPrologFile))
    )
    
    ;; 変更
    (setq newPostScriptPrologFile "TestPostScriptPrologFile")
    (vla-put-PostScriptPrologFile (vla-get-Files preferences) newPostScriptPrologFile)
    (alert (strcat "新しい PostScriptPrologFile は " newPostScriptPrologFile))
    
    ;; 戻す
    (vla-put-PostScriptPrologFile (vla-get-Files preferences) currPostScriptPrologFile)
    (if (= currPostScriptPrologFile "")
        (alert "PostScriptPrologFile は NULL にリセット.")
        (alert (strcat "PostScriptPrologFile を次に戻しました : " currPostScriptPrologFile))
    )
)

関連事項