Vla-get-display

提供: GizmoLabs - だいたい CAD LISP なサイト
移動先: 案内検索
構文
(vla-get-display vla-object)


機能
表示画面の VLAオブジェクトを取得する


引数
  • vla-object … VLAオブジェクト


戻り値
表示画面の VLAオブジェクト
  • memo : PreferencesDisplay オブジェクトは、レジストリに保存されている[オプション]ダイアログ ボックスの[表示]タブのすべてのオプションを保持している。
  • 図面とともに保存されたすべてのオプションは、DatabasePreferences オブジェクトで検索できる。


サンプル
 ; モデルとぺーパー空間の背景を白にする
(defun C:BGWhite ()
  (vl-load-com)
  (setq disp (vla-get-display (vla-get-preferences (vlax-get-acad-object))))
  (setq drafting (vla-get-drafting (vla-get-preferences (vlax-get-acad-object))))
  (vla-put-GraphicsWinModelBackgrndColor disp 16777215)
  (vla-put-GraphicsWinLayoutBackgrndColor disp 16777215)
  (vla-put-LayoutCrosshairColor disp 0)
  (vla-put-ModelCrosshairColor disp 0)
  (vla-put-AutoTrackingVecColor disp 0)
  (vla-put-AutoSnapMarkerColor drafting 6)
  (princ)
)

; モデルとぺーパー空間の背景を黒にする
(defun C:BGBlack ()
  (vl-load-com)
  (setq disp (vla-get-display (vla-get-preferences (vlax-get-acad-object))))
  (setq drafting (vla-get-drafting (vla-get-preferences (vlax-get-acad-object))))
  (vla-put-GraphicsWinModelBackgrndColor disp 0)
  (vla-put-GraphicsWinLayoutBackgrndColor disp 0)
  (vla-put-LayoutCrosshairColor disp 16777215)
  (vla-put-ModelCrosshairColor disp 16777215)
  (vla-put-AutoTrackingVecColor disp 16777215)
  (vla-put-AutoSnapMarkerColor drafting 2)
  (princ)
)

: ダンプ
(vlax-dump-object (vla-get-display (vla-get-preferences (vlax-get-acad-object))))
; IAcadPreferencesDisplay: このオブジェクトは、[オプション]ダイアログの[表示]タブからオプションが含まれています
; プロパティの値:
;   Application (RO) = #<VLA-OBJECT IAcadApplication 0000000140b091d8>
;   AutoTrackingVecColor = サポートされていない戻り値のタイプです: 19
;   CursorSize = 5
;   DisplayLayoutTabs = -1
;   DisplayScreenMenu = 0
;   DisplayScrollBars = -1
;   DockedVisibleLines = 3
;   GraphicsWinLayoutBackgrndColor = サポートされていない戻り値のタイプです: 19
;   GraphicsWinModelBackgrndColor = サポートされていない戻り値のタイプです: 19
;   HistoryLines = 400
;   ImageFrameHighlight = 0
;   LayoutCreateViewport = -1
;   LayoutCrosshairColor = サポートされていない戻り値のタイプです: 19
;   LayoutDisplayMargins = -1
;   LayoutDisplayPaper = -1
;   LayoutDisplayPaperShadow = -1
;   LayoutShowPlotSetup = 0
;   MaxAutoCADWindow = 0
;   ModelCrosshairColor = サポートされていない戻り値のタイプです: 19
;   ShowRasterImage = 0
;   TextFont = "Consolas"
;   TextFontSize = 9
;   TextFontStyle = 0
;   TextWinBackgrndColor = サポートされていない戻り値のタイプです: 19
;   TextWinTextColor = サポートされていない戻り値のタイプです: 19
;   TrueColorImages = -1
;   XRefFadeIntensity = 50


関連事項