Vla-get-autosnapaperturesize

提供: GizmoLabs - だいたい CAD LISP なサイト
移動先: 案内検索
構文
(vla-get-autosnapaperturesize vla-object )


機能
AutoSnap ターゲット ボックスのサイズを取得する。


引数
  • vla-object … PreferencesDrafting のVLAオブジェクト()


戻り値
AutoSnap ターゲット ボックスのピクセル単位のサイズ。


  • MEMO:このプロパティの初期値は 10。
  • オブジェクトにスナップすると、AutoSnap ターゲット ボックスはクロスヘア カーソルの中央に表示される。このオプションは AutoSnap のマーカー、自動吸着、またはツールチップが使用可能である場合にのみ有効。
  • 注: このプロパティの値は、システム変数 APERTURE に格納される。


サンプル
(vl-load-com)
(defun c:Example_AutoSnapApertureSize()
    ;; AutoSnap ターゲット ボックスのサイズを変更するサンプル
    (setq acadObj (vlax-get-acad-object))
    (setq preferences (vla-get-Preferences acadObj))
  
    ;; drafting preferences オブジェクトを取得
    (setq ACADPref (vla-get-Drafting preferences))
    
    ;; 既定値を取得
    (setq originalValue (vla-get-AutoSnapApertureSize ACADPref))
    (alert (strcat "現在の AutoSnap ターゲット ボックスのサイズは : " (itoa originalValue)))

    ;; 変更 25
    (vla-put-AutoSnapApertureSize ACADPref 25)
    (setq newValue (vla-get-AutoSnapApertureSize ACADPref))
    (alert (strcat "新しい AutoSnap ターゲット ボックスのサイズは : " (itoa newValue)))

    ;; 戻す
    (vla-put-AutoSnapApertureSize ACADPref originalValue)
    (alert (strcat " AutoSnap ターゲット ボックスのサイズをを戻しました : " (itoa originalValue)))
)

関連事項