VLX 名前空間関数

提供: GizmoLabs
移動先: 案内検索

AutoLISP のVLX 名前空間関数は、次の通り。

  • VLX 名前空間関数は、VLX 独立名前空間のアプリケーションに適用される。これらの関数により、VLX 独立名前空間関数がドキュメントの名前空間からアクセスできるようになり、関連するドキュメントの名前空間で変数を取得および更新したり、VLX 独立名前空間関数に対してエラー処理ルーチンを提供できるようになる。


関 数 説 明
(vl-arx-import [function | application] ObjectARX/ADS 関数を独自の名前空間 VLX に読み込む。
(vl-doc-export 'function) VLX 名前空間でロードされた関数を、現在のドキュメントで使用できるようにする。
(vl-doc-import ['function | application]) 別の独自の名前空間 VLX から以前に書き出された関数を読み込む。
(vl-doc-ref symbol) 関連するドキュメントの名前空間から変数の値を取得する。
(vl-doc-set symbol value) 関連するドキュメントの名前空間の変数の値を設定する。
(vl-exit-with-error "msg") VLX エラー ハンドラから関連するドキュメントの名前空間の *error* 関数にコントロールを渡す。
(vl-exit-with-value value) VLX が呼び出された名前空間からドキュメントの名前空間に値を返す。
(vl-get-resource text-file) VLX にまとめられた.txt ファイルに格納されている文字列を返す。
(vl-list-exported-functions ["appname"]) 指定されたアプリケーションによって書き出されたすべての関数をリストする。または、アプリケーションが指定されていない場合は、書き出されたすべての関数をリストする。
(vl-list-loaded-vlx) 現在のドキュメントに関連付けられたすべての独自の名前空間 VLX ファイルのリストを返す。
(vl-unload-vlx "appname") 独自の名前空間 VLX にロードされている VLX アプリケーションをロード解除する。
(vl-vlx-loaded-p “appname") VLX が VLX 独自の名前空間でロードされているかどうかを調べる。