Start list

提供: GizmoLabs
移動先: 案内検索
構文
(start_list key [operation [index]])


機能
リスト ボックスまたはポップアップ リストの処理を開始する。
アプリケーションが end_list 関数を呼び出すまでに add_list 関数を呼び出すと、start_list 関数で指定したリストが変更される。


引数
  • key : ダイアログ ボックス タイルを指定する文字列。key 引数は、大文字と小文字が区別される。
  • operation : 実行するリスト操作のタイプを示す整数。
次の 1 つを指定することができる。
  • 1 選択したリスト項目の内容を変更する
  • 2 新しいリスト項目を追加する
  • 3 古いリストを削除し新しいリストを作成する(既定値)
  • index : 次の add_list 関数呼び出しによって変更するリスト項目を示す数値。リストの最初の項目のインデックスは 0。index 引数が指定されなければ、既定値の 0とみなされる。start_list 関数が変更操作を実行しない場合、index 引数は無視される。


戻り値
開始したリストの名前。
注: start_list 関数と end_list 関数呼び出しの間でset_tile 関数を使用してはいけない。

関連事項