Nentselp

提供: GizmoLabs
移動先: 案内検索
構文
(nentselp [msg] [pt])


機能
ユーザ入力を要求せずに nentselと同様の機能を提供する。


引数
  • msg : プロンプトとして表示する文字列。省略した場合、プロンプト「オブジェクトを選択:」が表示される。
  • pt : 選択点。 これによって、ユーザ入力なしにオブジェクトを選択できる。


戻り値
nentselp 関数は 4x4 の変換マトリックスを返す。これは次のように定義される。
マトリックスの初めの 3 列で、尺度と回転が指定され、4 列目は変換ベクトル。
この種類のマトリックスを使用する関数は、次元が 4 の列ベクトルとして点を扱う。点は、「同次座標」で表され、点ベクトルの 4 番目の要素は「尺度」で通常 1.0 に設定される。
マトリックスの最後の行 [M30 M31 M32 M33]の値は[0 0 0 1]。このマトリックス形式を使用する関数は現在この行を無視する。


サンプル
;ブロック図形を nentselp 関数で扱った場合の例。
(nentselp "select:" (getpoint))
select:
(<図形名: 7ef03060> (174.081 123.456 0.0) ((1.0 0.0 0.0 0.0) (0.0 1.0 0.0 0.0) (0.0 0.0 1.0 0.0) (0.0 0.0 0.0 1.0)) <図形名: 7ef03080>)



関連事項