LISPデータタイプ(文字列)

提供: GizmoLabs
移動先: 案内検索

文字列は、一連の文字をダブル クォーテーションで囲んだもの。円記号(¥)と組み合わせると、ダブル クォーテーションで囲んだ文字列の中に制御文字(エスケープ コード)を含めることができる。AutoLISP の式で明示的にダブル クォーテーションで囲んだ文字列を使用すると、その値はリテラル文字列、つまり文字列定数として認識される。

正しい文字列の例

  • "string 1"
  • "¥n最初の点 :"
  • "\"cell 1\",\"cell2\""

文字列内の制御文字

現在認識可能な制御文字は次の通り。


AutoLISP 制御文字

コード 説 明
¥¥ ¥ 文字
¥" " 文字
¥e エスケープ文字
¥n 改行文字
¥r 復帰文字
¥t タブ文字
¥nnn 8 進コードが nnn の文字