LISPデータタイプ(図形名)

提供: GizmoLabs
移動先: 案内検索

図形名は、図面内のオブジェクトに割り当てられた数値ラベル。 これは実際には CAD によって維持されるファイル(メモリ)へのポインタであり、これを使用してオブジェクトのデータベース レコードとそのベクトル(表示される場合)を検索できる。 このラベルは AutoLISP の関数を使用して検索できるため、処理対象のオブジェクトをさまざまな方法で選択できる。内部的には、CAD はオブジェクトを図形として参照する。

次の例では、entlast 関数を使用して、図面内で最後に入力したオブジェクトの図形名を取得しています。

(entlast)
<Entity name: 27f0540> ; あるいは <図形名: 27f0540>

図面内でオブジェクトに割り当てられている図形名は、現在の編集セッション中でのみ有効であり、次に図面を開くとき、CAD はオブジェクトに新しい図形名を割り当てる。