Distof

提供: GizmoLabs
移動先: 案内検索
構文
(distof string [mode])


機能
実数(浮動小数点)を表す文字列を、実数値に変換する。
distof と rtos は正反対の働きをする。従って、rtos で作成した文字列を distof に渡すと、distof は有効な値を返す。
その逆も同じ。(但し、mode の値が同じであることが前提)。


引数
  • string : 変換する文字列。
この引数は、mode で指定された単位に従って、distofが正しく解析できる文字列でなければならない。
string 引数は rtos が返す値と同じ形式、またはキーボード入力で認めている形式のどちらでもいい。
  • mode : 現在の文字列の形式の単位。
mode 引数はシステム変数 LUNITS が認めている値に対応し、次の数値の 1つを指定する。
フォーマットタイプ
フォーマット 意味
1 指数表記 6.35e1
2 十進数 63.5
3 工業図面表記(feetと小数inch) 5'3.5"
4 建築図面表記(feetと分数inch) 5'3-1/2"
5 分数表記 23-3/4"


戻り値
成功した場合は実数、それ以外の場合は nil。
  • 注: distof は、モード 3 と モード 4 を同じものとして扱う。つまり、mode が 3または 4の単位に指定され、string がこれらの形式のどちらかに従っている場合、distof は正しい実数値を返す。


サンプル
(distof "2.3698E001")
23.698

(distof "2'-5.25\"" 3)
29.25

(distof "1024" 3)
1024.0

(distof "-1024" 3)
-1024.0

(distof "1,024" 3)
nil

(distof "-1024.5555" 3)
-1024.56

関連事項