ActiveX データ変換

提供: GizmoLabs
移動先: 案内検索

AutoLISP の ActiveX データ変換関数は、次の通り。

関 数 説 明
(vlax-3D-point list) ActiveX 互換の 3D 点構造を作成する。
(vlax-ename->vla-object entname) 図形を VLA オブジェクトに変換する。
(vlax-make-safearray type '(l-bound . u-bound) [ '(l-bound . u-bound)...)] セーフ配列を作成する。
(vlax-make-variant valuetype) バリアント データ タイプを作成する。
(vlax-safearray-fill var 'element-values) セーフ配列の要素にデータを格納する。
(vlax-safearray-get-dim var) セーフ配列オブジェクトの次元数を返す。
(vlax-safearray-get-element var element) 配列から要素を返す。
(vlax-safearray-get-l-bound var dim) 配列の次元のインデックスの下限(開始インデックス)を返す。
(vlax-safearray-get-u-bound var dim) 配列の次元のインデックスの上限(終了インデックス)を返す。
(vlax-safearray-put-element var element value) 配列の要素を追加または更新する。
(vlax-safearray-type var) セーフ配列のデータ タイプを返す。
(vlax-safearray->list var) セーフ配列の要素をリスト形式で返す。
(vlax-tmatrix list) VLA メソッドで使用される 4 x 4 変換マトリックスに適した表現を返す。
(vlax-variant-change-type var type) あるデータ タイプから別のデータ タイプに変更したバリアントの値を返す。
(vlax-variant-type var) バリアントのデータ タイプを返す。
(vlax-variant-value var) バリアントの値を返す。
(vlax-vla-object->ename obj) VLA オブジェクトを AutoLISP 図形に変換する。