Acad-push-dbmod

提供: GizmoLabs
移動先: 案内検索
構文
(acad-push-dbmod)


機能
システム変数 DBMOD の現在値を保存する。
この関数は、システム変数 DBMOD をコントロールするために、acad-pop-dbmod 関数と共に使用される。システム変数 DBMOD を変更しないで図面を変更するためにも使用できる。システム変数 DBMOD は図面の変更を記録し、ファイル保存が必要かどうかを調べるのに使用される。
この関数は、既定で自動ロードされる acapp.arx ファイルに実装されている。この関数はシステム変数 DBMOD の現在値を内部スタックに保存する。acad-push-dbmod と acad-pop-dbmod を使用するには、前処理に acad-push-dbmod を使用し、システム変数 DBMOD の元々の値を復元するために、acad-pop-dbmod を使用する。
引数
  • なし
戻り値
常に T を返す。


サンプル
次の例は、図面の変更状態の保存方法、状態の変更方法、および元の状態の復元方法を示す。
 (acad-push-dbmod)
 (setq new_line '((0 . "LINE") (100 . "AcDbEntity") (8 . "0")
                 (100 . "AcDbLine") (10 1.0 2.0 0.0) (11 2.0 1.0 0.0)
                 (210 0.0 0.0 1.0)))
 (entmake new_line)           ; DBMOD にフラグ 1 がセットされる
 (command "_color" "2")       ; DBMOD にフラグ 4 がセットされる
 (command "_-vports" "_SI")   ; DBMOD にフラグ 8 がセットされる
 (command "_vpoint" "0,0,1")  ; DBMOD にフラグ 16 がセットされる
 (acad-pop-dbmod)             ; 内部スタックから DBMOD を元の値に復元する

関連事項