*error*

提供: GizmoLabs
移動先: 案内検索
構文
(*error* string)


機能
ユーザ定義可能なエラー処理関数。
*error* 関数が nil でない場合は、LISP のエラー条件が存在するときに、常にこの関数を実行する。
CAD は、*error* 関数に 1 つのエラーの内容を示す文字列を渡す。
*error* 関数には、引数のない command 関数の呼び出し (たとえば (command))を含めることができる。これにより、command 関数を使用して直前に呼び出されたコマンドはキャンセルされる。


引数
  • string : 文字列


戻り値
なし
  • vl-exit-with-value を使用した場合、値を返すことが出来る。


サンプル
; 次の関数は、AutoLISP の標準エラー処理と同じことを行う。 エラーの説明の前に、「エラー:」という語を表示する。
(defun *error* (msg) 
  (princ "エラー:") 
  (princ msg) 
  (princ) 
) 

; 次の例は、コマンド関数を定義する場合の一般的なエラー処理方法。
 (defun c:myslope ( )    
   (setq temperror *error*)                ; 標準のエラー処理を保存  
   (setq *error* myerror)                  ; 独自のエラー処理 myerror を設定 
   (setq p1 (getpoint "1点目: "))             
   (setq p2 (getpoint p1 "2点目: "))  
   (setq slope (/ (-(cadr p2) (cadr p1))
   (-(car p2) (car p1))))     
   (princ (strcat "Slope equals " (rtos slope 2 2)))     
   (setq *error* temperror)                ; エラー処理を元に戻す  
 )
 
 ; c:myslope で使用する 独自のエラー処理 myerror 関数
 (defun myerror (msg)
   (if (= msg "角度0(ゼロ)")
     (prompt "\n 垂直です。")
     (prompt (strcat "\n" msg)
   )
   (setq *error* temperror)                ; エラー処理を元に戻す
 )  

関連事項