比較演算と条件

提供: GizmoLabs
移動先: 案内検索

AutoLISP の比較演算関数と条件関数は、次の通り。

関 数 説 明
(= (に等しい) numstr [numstr] ...) すべての引数が数値的に等しい場合は T を返し、それ以外の場合は nil を返す。
(/= (に等しくない) numstr [numstr] ...) 引数が数値的に等しくない場合は T を返し、引数が数値的に等しい場合は nil を返す。
(< (より小さい) numstr [numstr] ...) 各引数がその右側の引数よりも数値的に小さい場合は T を返し、それ以外の場合は nil を返す。
(<= (より小さいか等しい) numstr [numstr] ...) 各引数がその右側の引数よりも数値的に小さいか等しい場合は T を返し、それ以外の場合は nil を返す。
(> (より大きい) numstr [numstr] ...) 各引数がその右側の引数よりも数値的に大きい場合は T を返し、それ以外の場合は nil を返す。
(>= (より大きいか等しい) numstr [numstr] ...) 各引数がその右側の引数よりも数値的に大きいか等しい場合は T を返し、それ以外の場合は nil を返す。
(and [expr ...]) 式のリストの AND(論理積)を返す。
(boole efunc int1 [int2 ...]) ビット方式の汎用ブール演算関数。
(cond [(test result ...) ...]) AutoLISP の多分岐条件関数としての機能を果たす。
(eq expr1 expr2) 2 つの式が同一物かどうかを調べる。
(equal expr1 expr2 [fuzz]) 2 つの式の評価結果が等しいかどうかを調べる。
(if testexpr thenexpr [elseexpr]) 条件に応じて式を評価する。
(or [expr ...]) 式のリストの OR(論理和)を返す。
(repeat int [expr ...]) 指定された回数だけ各式を評価し、最後の式の値を返す。
(while testexpr [expr ...]) テスト式を評価して nil でなければ、他の式を評価す。 テスト式の評価が nil になるまでこの処理を繰り返す。