リスト操作

提供: GizmoLabs
移動先: 案内検索

AutoLISP のリスト操作関数は次の通り。

関 数 説 明
(acad_strlsort lst) 文字列のリストを文字コード順にソートする。
(append lst ...) 任意の数のリストを受け取り、それらを 1 つのリストにまとめる。
(assoc item alist) 連想リストの要素を検索し、指定された要素が含まれる連想リスト項目を返す。
(car lst) リストの先頭の要素を返す。
(cdr lst) 指定されたリストの先頭の要素以外のすべての要素を含むリストを返す。
(cons new-first-element lst) 基本的なリスト作成関数。
(foreach name lst [expr ...]) リストのすべてのメンバーに対して式を評価する。
(last lst) リストの最後の要素を返する。
(length lst) リストの要素数を表す整数を返す。
(list [expr ...]) 任意の数の式を受け取り、それらを 1 つのリストに結合する。
(listp item) 指定された項目がリストかどうかを調べる。
(mapcar functionlist1 ... listn) 指定されたリストの各要素を引数として関数を実行した結果のリストを返す。
(member expr lst) 指定された式がリスト内に存在するかどうかを検索し、初めに検出した式以降のリストを返す。
(nth n lst) リストの n 番目の要素を返す。
(reverse lst) 要素の順番を反転させたリストを返す。
(subst newitem olditem lst) リストで古い項目を検索し、古い項目があるたびに新しい項目で置き換えたリストのコピーを返す。
(vl-consp list-variable) リストが nil かどうかを調べる。
(vl-every predicate-function list [more-lists]...) すべての要素の組み合わせに対してテスト結果が真かどうかをチェックする。
(vl-list* object [more-objects]...) リストを作成して返す。
(vl-list->string char-codes-list) 整数リストに対応する文字を結合して文字列を作成する。
(vl-list-length list-or-cons-object) 本来のリストの長さを算出する。
(vl-member-if predicate-function list) リストのメンバーの 1 つに対してテスト結果が真かどうかを調べる。
(vl-member-if-not predicate-function list) リストのメンバーの 1 つに対してテスト結果が nil かどうかを調べる。
(vl-position symbol list) 指定されたリスト項目のインデックスを返す。
(vl-remove element-to-remove list) リストから要素を除去する。
(vl-remove-if predicate-function list) 指定されたリストの要素の中で、テスト関数が失敗したすべての要素を返す。
(vl-remove-if-not predicate-function list) 指定されたリストの要素の中で、テスト関数に合格したすべての要素を返す。
(vl-some predicate-function list [more-lists]...) 1 つの要素の組み合わせに対して、テスト結果が nil かどうかをチェックする。
(vl-sort list comparison-function) 指定された比較関数に従ってリスト内の要素をソートする。
(vl-sort-i list comparison-function) 指定された比較関数に従ってリスト内の要素をソートし、要素のインデックス番号を返す。
(vl-string->list string) 文字列を文字コードのリストに変換する。