エラー処理

提供: GizmoLabs
移動先: 案内検索

AutoLISP の エラー処理関数は、次のとおり。

関 数 説 明
(alert string) 文字列として渡されたエラー メッセージや警告メッセージを警告ダイアログ ボックスに表示する。
(*error* string) ユーザ定義可能なエラー処理関数。
(exit) 現在のアプリケーションを強制的に終了する。
(*pop-error-mode*) *push-error-using-command* または *push-error-using-stack* に対する以前の呼び出しを終了するエラー処理関数。
(*push-error-using-command*) カスタム *error* ハンドラ内での command 関数の使用を示すエラー処理関数。
(*push-error-using-stack*) カスタム *error* ハンドラ内での AutoLISP スタックの変数の使用を示すエラー処理関数。
(quit) 現在のアプリケーションを強制的に終了する。
(vl-catch-all-apply 'functionlist) 引数のリストを指定された関数に渡し、すべての例外をトラップする。
(vl-catch-all-error-message error-obj) エラー オブジェクトから文字列を返す。
(vl-catch-all-error-p arg) 引数が vl-catch-all-apply から返されたエラー オブジェクトかどうかを調べる。