Sds name equal

提供: GizmoLabs
移動先: 案内検索
構文
int sds_name_equal (sds_name name1; sds_name name2);


機能
2つのエンティティか選択セットが等しいかどうか調べる。
引数
  • name1 : 選択セット名
  • name2 : 選択セット名
戻り値
0 なら等しくない、0 以外なら等しい。


サンプル
sds_name setname1;
sds_name setname2;

// フィルタリスト(線分)の作成
sds_resbuf *filter1 = sds_buildlist(RTDXF0,"LINE",0);
sds_resbuf *filter2 = sds_buildlist(RTDXF0,"LWPLINE",0);

// 図面内の線分図形を取得する。
if (sds_ssget("X", NULL, NULL, filter1, setname1) == RTNORM){
  long setlen;
  sds_sslength(setname1, &setlen);
  sds_printf("\n %li 個の線分がありました。",setlen);
}

// 図面内のポリライン図形を取得する。
if (sds_ssget("X", NULL, NULL, filter2, setname2) == RTNORM){
  long setlen;
  sds_sslength(setname2, &setlen);
  sds_printf("\n %li 個のLWポリラインがありました。",setlen);
}

if (sds_name_equal (setname1; setname2) == 0){
  sds_printf("\n選択セット %s と %s は同じではありません。",setname1, setname2);
}